クレジットカードを持っていても「キャッシング機能は使ったことがない」という人もいますよね。

クレジットカードのサービスは買い物の際に商品代金を支払うだけではありません。

キャッシング機能を使えばすぐにお金を借りられるため、生活費が足りないとき、クレジットカードが使えないお店で買い物するときなどにも便利なのです。

ただ、「お金を借りるって不安…」とキャッシングの利用を迷っている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、はじめてクレジットカードのキャッシング機能を使う人向けに、どのようなサービスなのか、どこで・どのように借りられるのかなどについて説明していきます。

キャッシング機能がイマイチよく分かっていないという人も、この記事を読めば知っておきたいポイントを押さえられるはずです。

クレジットカードのキャッシング機能を正しく理解して、安全にお金を借りましょう。

目次

クレジットカードキャッシングとは?

まずはクレジットカードキャッシングについて簡単に説明していきます。

クレジットカードは街の加盟店やネットショップでの支払いをするショッピングでの利用がメインですが、別途、契約することでお金を借りられるキャッシングの機能も付けることができます。

消費者金融などが有名なカードローンはお金を借りることに特化したカードですが、キャッシング機能付きのクレジットカードならカードローンと同じように借り入れできるのです。

厳密な定義はありませんが、クレジットカードの借り入れサービスを「クレジットカードキャッシング」、または単に「キャッシング」といいます。

キャッシングできる場所

キャッシング機能付きのクレジットカードなら銀行のキャッシュカードでお金を引き出すのと同じような感じでATMから現金を借りられます。

エポスやセゾンなどのクレジットカード会社のATMに加えて、銀行などの提携金融機関のATM、セブンイレブンやローソンといったコンビニATMでもキャッシングサービスは利用可能です。

どこで借りれば良いのか分からない場合は、近くのコンビニを利用すると便利でしょう。ほぼ24時間利用できる店舗も多いため、キャッシングできるクレジットカードが手元にあればいつでも借り入れできます。

カードローンとの違い

お金を借りるカードといえば、カードローンのイメージが強いと思います。

先ほどもふれましたが、カードローンは借入専用のカードです。クレジットカードのように買い物には利用できないものの、キャッシングに比べて限度額が大きく、低金利な商品が多いのが特徴になります。

借入専用のサービスだからこそ、クレジットカードよりも貸付条件の良い商品が多いのです。

「もしかしたらお金を借りることもあるかも」くらいの状況ならクレジットカードにキャッシング枠を付けておくと非常に便利ですが、反対に、すぐにお金を借りる予定があるならカードローンをおすすめします。

もしキャッシングがメインでクレジットカードを契約しようと思っているなら、別でカードローンを持ちましょう。カードローンの方が低金利で、利息の負担を軽減できる可能性が高いです。

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いとは?

別途契約すべきカードローンについては後述しているので、ぜひそちらも参考にしてください。

クレジットカードのキャッシング枠とは?

クレジットカードには利用可能枠が決まっていて、その限度額内で自由に買い物などに使えます。

限度額は審査によって決まりますが、10万円~50万円くらいの人が多いでしょう。また、収入が安定していてカード会社からの評価が高い方、ゴールドカードなどをお持ちの方などは100万円を超えている場合もあると思います。

ただし、一般的にクレジットカードの利用可能枠、限度額といった場合は、ショッピングに利用できる枠のことを指します。

お金を借りることのできるキャッシング枠については、希望者だけに別で設定されることになるのです。クレジットカードを持っている方は会員ページなどにアクセスして、契約しているカードの利用可能枠を見てください。

ショッピング、キャッシングそれぞれの利用可能枠を確認できます。そして、キャッシングサービスを契約していなければ、利用可能枠は0円になっているはずです。

キャッシング枠が設定済みなら枠内で自由に借り入れでき、お金を借りた分だけキャッシングできる金額は減り、返済した分だけまた借りられるようになるのです。

ショッピングも、キャッシングも枠の考え方は一緒で、支払いに利用できるのか、借り入れに利用できるのかの違いになります。

キャッシング枠の設定方法

クレジットカードを発行すればショッピング枠は自動的に設定されますが、キャッシング枠は別途手続きが必要です。

キャッシング枠の設定方法は2種類で、クレジットカードの申し込み時にキャッシング機能も希望するか、カード発行後にインターネットの会員ページなどから設定することになります。

新規発行時にキャッシングも希望するのがスムーズですが、後からでもキャッシング枠を設定できるのです。そのため、今持っているクレジットカードにキャッシング機能を追加することもできます。

キャッシング枠の追加には審査が必要

クレジットカードの発行には審査があります。いわゆる入会審査と呼ばれるものですが、キャッシング枠の審査とは別です。

イメージとしては先にクレジットカードの入会審査が実施され、その審査に通った場合はキャッシング枠を付けても大丈夫かが判断されると考えてください。

クレジットカードの付帯サービスなので、そもそも入会審査に落ちてしまったならキャッシングも利用できません。

希望すれば誰にでも簡単にキャッシング枠が付くではないので、その点は覚えておきましょう。

キャッシング目的でクレジットカードを持つよりも、カードローンを別途契約するのがおすすめ

もし主にお金を借りる目的でキャッシング機能付きのクレジットカードを持ちたいと考えているなら、クレジットカードとは別にカードローンを持つのが良いでしょう。

先ほどキャッシング枠について説明しましたが、カード全体の利用限度額というものもあり、キャッシングを利用することでショッピングに使える金額が減ってしまうこともあるのです。

買い物はクレジットカード、借り入れはカードローンと分けておけば、キャッシングがクレジットカードの利用可能額を圧迫してしまうことはありません。

また、借入専用のカードローンには貸付条件が良くて、利便性も高い商品がたくさんあります。

カードローンにも色々な商品がありますが、おすすめはプロミス楽天銀行スーパーローンです。

それぞれ異なる特徴を持っているので、お金を借りる予定がある人は自身のニーズに合っている方を選ぶと良いでしょう。

おすすめカードローン

カードローン 金利(実質年率) 限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 10万円~800万円

無利息期間あり!即日融資も受けられる消費者金融のプロミス

少額の借り入れ、急ぎのケースに向いているのが消費者金融の「プロミス」です。

プロミスの金利は年4.5%~17.8%で、一律年18.0%のケースが多いキャッシングに比べて低めの金利設定になっています。

さらに、はじめてプロミスと契約する場合、メールアドレスとWeb明細を登録することで初回借入の翌日から30日間の利息が0円になる特典がつきます。

また、審査は最短20分で、即日融資にも対応しているので急な借り入れにも役立つでしょう。(※ お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。)

消費者金融やカードローンに対して「怖い」「危ない」といったイメージを持っている人もいるかもしれませんが、借り入れの仕組みはクレジットカードキャッシングと変わりません。

特にプロミスは銀行傘下の大手消費者金融ということもあり、コンプライアンスの意識も高いので安心して利用できます。

銀行ならではの金利と安心感がメリットの楽天銀行スーパーローン

大手ネットバンクである楽天銀行のカードローンが「楽天銀行スーパーローン」です。

金利は年1.9%~14.5%で特に上限金利が消費者金融と異なるため、より利息の負担を軽減しやすいでしょう。

このような金利で融資できるのは銀行ならではだといえます。借りたい金額が大きい人は、無利息期間の有無よりも金利を重視することをおすすめします。

また、「やっぱり消費者金融には抵抗がある…」という人も、銀行なら安心ですよね。

あえてデメリットを挙げるのであれば、消費者金融と比べて審査に時間がかかり、審査基準も少し厳しめになることです。

銀行カードローンは即日融資には対応しておらず、申し込みから契約までには1週間前後かかるので、その点にも注意してください。

クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリット

クレジットカードキャッシングにはメリットもあれば、デメリットもあります。

メリット ・カード1枚で支払いも、借り入れもOK
・海外のATMで現地通貨を借りられる
・キャンペーンが適用される場合もある
デメリット ・ショッピングの利用可能額を圧迫することもある
・気軽に利用できるため借り過ぎに注意が必要
・返済に遅れるとショッピングも利用できなくなる
・キャッシングの審査は長引きやすい
・他社で組めるローンの金額が減るケースもある
・カードローンに比べて金利は高めで、限度額も小さめ
・一括払いしかできない商品もある

キャッシング枠をあらかじめ設定しておけば、クレジットカードでいつでも借り入れできます。カード1枚で買い物だけでなく、借り入れもできるのは便利ですよね。

また、海外キャッシング対応なら、日本国内に加えて海外のATMでもキャッシングのサービスを利用できます。カードローンは国内限定なので、海外キャッシングはクレジットカードの強みになるでしょう。

さらに、クレジットカードの新規申込時にキャッシング枠を希望した場合、キャンペーンの適用でポイント付与などの特典がある場合もあります。

ただし、表を見ると分かるように、実はデメリットもたくさんあるのです。

クレジットカードキャッシングのデメリットについては、別の記事で詳しく解説しているのでそちらを確認してください。

クレジットカードでキャッシングのデメリットについて

クレジットカードキャッシングの金利

クレジットカードのキャッシングサービスは、借りた金額に対して利息が発生します。そのため、返済日には借りた金額+利息を支払うことになるのです。

例えば、10万円をキャッシングすると30日間でおよそ1,500円の利息が加算されます。(年18.0%の場合)

商品によって金利は異なりますが、多くのクレジットカードは年18.0%の金利だと思ってください。

利息制限法という法律では、10万円以上の融資は年18.0%以下の金利にしなくてはいけないと決まっています。

100万円以上になれば年15.0%以下にする必要があるのですが、キャッシングは限度額100万円未満の商品がほとんどで、一律で年18.0%の商品が多いのです。

ちなみに、金利が年3.0%~18.0%のように幅がある場合、審査によってその間で適用される利率が決まります。

実際の金利は審査を受けてみないと分かりませんが、比較しながら低金利なキャッシングサービスを見つけると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシング金利を比較!クレジットカードの金利が低いところは?

クレジットカードのキャッシングサービスを利用できる人

クレジットカードのキャッシングサービスを利用するためには審査があるので、人によっては希望しても否決されてしまうこともあります。

また、クレジットカードのキャッシングは貸金業法における総量規制というルールの対象です。それにより、本人に収入がない場合は、クレジットカードにキャッシング枠を付けることはできません。商品ごとに申込条件が決まっているので、まずはその最低条件をチェックしてください。

キャッシングの審査基準とは?

キャッシングの審査基準は公開されていないため、審査に通るかどうかは申し込んでみないと分かりません。

ただ、審査で見られるポイントはどのクレジットカードでもだいたい一緒です。キャッシングの審査はローンと同じで、「貸したお金をしっかりと返してくれるのか」が見られます。

キャッシング審査で見られるポイント

  • 安定した収入があり、十分な返済能力があること
  • 総量規制に抵触しないこと
  • 信用情報に問題がないこと

ちゃんと働いていて、毎月収入があるなら過度な心配はいりませんが、審査に落ちる可能性があることは覚えておきましょう。

クレジットカードのキャッシング審査では何が見られる?審査に落ちる理由も解説!

キャッシング枠はどうやって決まる?

キャッシングの審査では借り入れを許可するかどうかだけでなく、限度額(枠)も決定されます。商品ごとに決められた上限を最大額として、審査の中で個別の限度額が決められるのです。

先ほどもふれましたが、キャッシングは限度額100万円未満の商品も多いため、大きな金額を借りたい人は確認した方が良いでしょう。

また、クレジットカード会社や消費者金融などからの借り入れは、総量規制により総額が年収の1/3以下になるように調整されます。

実際には年収の1/3よりも低い限度額になるケースが多いため、あくまでも最大値だと考えてください。

審査に通るだけなら収入の安定性がもっとも重要ですが、どのくらいのキャッシング枠になるかは年収もポイントなのです。

キャッシングの限度額は後からでも増額できるので、最初の金額では足りなくなったら増額の審査を受けてみてください。

クレジットカードのキャッシング枠を増額する方法!増枠するメリットは少ない訳とは?

キャッシングは学生や主婦でも利用できる?

キャッシングは無収入だと契約できないため、本人の収入がない専業主婦は審査に通りません。主婦がキャッシングを利用するためには、パートなどでも良いので収入が必要です。

また、基本的に20歳以上であり、アルバイトなどで自身の収入があれば、学生でもキャッシングの審査を受けられます。商品によって年齢制限は異なりますが、未成年だとキャッシングの契約ができないことも多いので要注意です。

高卒以上の学生なら未成年でも親権者の同意を得た上でクレジットカード、およびキャッシングを契約できるケースもあるので、商品ごとの申込条件を事前に確認するようにしてください。

ただ、収入が少ない場合は、5万円~10万円程度のキャッシング枠になることも多く、まとまった金額の借り入れはできないでしょう。

主婦(専業主婦)でもクレジットカードでキャッシングできる?

クレジットカードのキャッシングは即日融資を受けられる?

クレジットカードの新規発行時にキャッシング枠の設定を済ませていたなら、特別な手続きは不要で、すぐにでも借り入れできます。

ただ、これからキャッシング機能付きのクレジットカードに申し込む場合、持っているクレジットカードにキャッシング機能を追加する場合は時間がかかるでしょう。

基本的にクレジットカードは郵送での受け取りになるため、新規発行するケースでは1週間~2週間程度かかります。また、審査自体にも数日かかることが多く、即日融資は難しいのです。

どうしてもクレジットカードのキャッシングサービスで即日融資を受けたいなら、即日発行に対応した商品を選んでください。

即日発行できるクレジットカードなら可能

一部のクレジットカードは店頭で受け取ることができるため、手続きがスムーズに進めば即日融資も可能です。

ただ、即日発行できるクレジットカードは多くありません。アコムの自動契約機(むじんくん)でカード発行できるACマスターカード、デパートなどの専用カウンターで手続きできるエポスカードなどのデパート・百貨店系のカードに限られます。

申し込みはネットで行えるので、カードの受け取り、契約だけを店頭で行うとスムーズでしょう。

どうしても審査には時間がかかるため、即日発行を希望する場合は早めに申し込みを済ませてください。

即日発行・即日キャッシングできるクレジットカード

土日は審査が進まない場合もあるので注意

キャッシングの審査では、総量規制の確認なども行うため入会審査のみよりも時間がかかります。

また、カード会社によっては、土日や祝日の審査対応をしていないケースもあるので注意してください。他にも職場に在籍確認の電話がかかってくる場合は、勤務先に電話を取れる人がいないと審査が一度ストップしてしまいます。

即日発行できるクレジットカードなら申し込みの当日にカードを受け取ってキャッシングすることも可能ですが、審査が終わらずに翌営業日以降の契約になるケースもあるのです。

クレジットカードのキャッシングは土曜日や日曜日・祝日も借り入れできるの?

クレジットカードキャッシングのやり方

クレジットカードを持っていても、一度もキャッシングしたことがない場合はどうやってお金を借りれば良いのか分かりませんよね。

ここからはクレジットカードキャッシングの基本的な利用方法について説明していきます。

キャッシングの借入方法

クレジットカードキャッシングの借入方法は主に次の2つです。

  • 全国にあるATMから現金を引き出す
  • ネットや電話で銀行振込をする

ATMを使っての借り入れが一般的ですが、慣れてしまえば銀行振込によるキャッシングも便利でしょう。シチュエーションに応じて、都合の良い借入方法を選んでください。

全国にあるATMから現金を引き出す

キャッシング枠を設定してあるクレジットカードなら、全国にあるATMで簡単に借り入れできます。ATM、クレジットカードによって操作手順が少し異なるケースもありますが、以下のような流れで現金を引き出すことができます。

  1. クレジットカードを挿入する
  2. 暗証番号を入力する
  3. 「借り入れ」のメニューを選択する
  4. 返済方法(一括・リボ)を選択する
  5. 借入金額を入力する
  6. 紙幣、利用明細、カードを受け取る

クレジットカードキャッシングも手順自体はキャッシュカードで預金を引き出すのとあまり変わりません。そのため、ATM画面の案内を見ながら操作すれば迷うことはないでしょう。

キャッシングできる単位に関してもATM、クレジットカードによって違い、千円単位と1万円単位のケースがあります。キャッシングした金額には利息が加算されるため、できるだけ必要最低限の額を借りるようにしてください。

また、ATM利用時に手数料がかかることもあります。1回あたりは数百円の手数料ですが、できるだけ手数料無料のATMを使うと節約になるでしょう。

ネットや電話で銀行振込の手続きも可能

すべてのクレジットカードではありませんが、ネットキャッシング、テレフォンキャッシングに対応している商品も多いです。

ネットキャッシングはスマホやパソコンから会員ページにログインして銀行振込をする方法で、いつでも、どこでも手続きできる点がメリットになります。ログインしたら、キャッシングのメニューへ進み、必要な金額を入力するだけですぐにお金が振り込まれます。

一方、テレフォンキャッシングは会員向けのコールセンターに電話をして、銀行振込を依頼する方法です。

どちらの方法も基本的に振込先はクレジットカード代金の引落口座で、現金を手元に用意したいときは、その口座のキャッシュカードで引き出してください。

ただし、手続きの時間帯によっては、翌営業日の入金になってしまうこともあります。最近はネットなら24時間いつでも振り込みを実施してくれるクレジットカードも増えていますが、土・日・祝日、夜間・早朝はすぐの振り込みができない場合もあるので事前に確認しておきましょう。

キャッシングの返済方法

キャッシングで借りたお金は基本的に口座振替での返済になります。一括払いのほか、リボ払いできる商品も多く、その場合はキャッシングする際などに返済方式を選ぶことになるでしょう。

キャッシングの返済は口座振替

キャッシングの返済は、クレジットカードの利用代金の支払いに使っている口座からの引き落としです。原則、支払用紙などは使わないため、引き落とし日までに残高が十分あるかチェックしておきましょう。

また、商品によっては月々の返済をATMから行える場合もあります。会員ページなどで返済日、返済額を確認して、忘れずに入金してください。指定期日までに返済しないと延滞になってしまうので要注意です。

返済は「リボ払い」か「一括払い」

キャッシングの返済方式はリボ払い、もしくは一括払いです。

一括払いはクレジットカードでのショッピングと同じように、1ヶ月で借りた総額を返済日にまとめて支払う返済方式になります。少額の借り入れなら負担も小さく、利息が大きくなる前に完済できるのでおすすめです。

一方、リボ払いはカードローンでよく採用されている返済方式で、毎月一定額を支払っていき、借入残高がゼロになるまで返済が続く方式です。

一定額といっても借入残高によって月々の返済額が変動することはあるものの、大きな金額を借りても毎月の負担が増えにくいというメリットがあります。ですが、ゆっくり返していくため、一括払いよりも利息はかさんでしまいます。

普段リボ払いでキャッシングしていても、残りを一括返済することは可能なので、余裕のあるときに完済してしまいましょう。

リボ払い、一括払いの違いを理解した上で返済方式は選択するようにしてください。

おすすめキャッシング機能付きクレジットカード3選!

クレジットカードのキャッシング機能に関してよくある質問

今までクレジットカードのキャッシング機能を利用したことがない人も、一度使ってみればその便利さ、簡単さが分かると思います。

ただ、はじめてキャッシングする場合は、まだまだ不安があるかもしれませんね。そこで、クレジットカードキャッシングでよくある質問にまとめて回答していきます。

海外キャッシングサービスとは?

一般的にキャッシングといえば、日本国内での借り入れサービスを指します。

ただ、この記事でもふれましたが、海外キャッシングに対応しているクレジットカードなら海外のATMから現地通貨を引き出すことが可能です。

引き出すといっても、預金からお金を引き出しているわけではなく、海外キャッシングも借り入れになります。そのため、利用できるのはキャッシング枠の範囲内になるのです。

また、通常のキャッシングとは別に利用契約の手続きが必要な場合もあるので注意してください。

海外キャッシングも利息がかかるため手持ちの現地通貨がある場合、クレジットカード(ショッピング枠)を利用できる場合はそれらを優先した方が良いでしょう。

一方、大金を持ち歩く必要がない点、両替手数料よりもお得な場合が多い点などはメリットになります。

海外旅行や海外出張の機会がある人なら、海外キャッシングに対応したクレジットカードを1枚は持っておくと安心です。

キャッシングを返済できないとどうなる?

クレジットカードのキャッシングは便利な反面、ついつい借り過ぎてしまうこともあるでしょう。

キャッシングで借りたお金を返済できない場合、まずは電話で確認の連絡が入ります。
うっかり残高不足になって引き落とせなかったケースも多いため、「返済忘れていませんか?」「引き落としできませんでした。」という内容の電話がカード会社からかかってくるのです。

そこですぐに対応すれば大ごとにはなりません。

ですが、「電話を無視した」「いつまでも返済しない」といった場合は、自宅に督促の書類が送られてきます。法律にふれるような悪質な方法ではありませんが、徐々に督促は厳しくなるでしょう。しっかりと連絡を取って、できるだけ早めに延滞を解消することが大切です。

また、延滞している間は遅延損害金が発生するほか、延滞は信用情報に記録されるためクレヒスに傷がつく危険性もあります。

これはクレジットカードショッピングの利用代金を返済できない場合も一緒です。買い物も、借り入れも無理のない範囲で計画的に行いましょう。

キャッシング機能がないクレジットカードもある?

キャッシングはクレジットカードの付帯サービスなので、そもそもキャッシングできないクレジットカードも存在します。

例えば、アメックスカード、ビューカード系のクレジットカードはキャッシング非対応で、ショッピングのみの利用です。

キャッシング機能がないクレジットカードもあるので、借り入れの予定がある人は申し込みの前に確認しておきましょう。

キャッシングのリボ払いは繰上返済もできる?

キャッシングでリボ払いを選択すると毎月一定額の支払いになりますが、月々の支払いとは別に繰上返済もできます。

リボ払いだからといってずっと分割で支払いをする必要はなく、自身のタイミングで利用残高をまとめて返すこともできるのです。もちろん、いっきに全額を返さなくても、利用残高の一部だけの繰上返済でもかまいません。

リボ払いは月々の負担を軽くしてくれるものの、残高が減りにくいという点はデメリットです。積極的に繰上返済もして、できるだけ早く借入残高を減らしましょう。

キャッシング枠をなくすことはできる?

クレジットカードのキャッシング枠は一度付けた後になくすこともできます。

実際にはキャッシング枠そのものをなくすのではなく、キャッシングの利用限度額を0円に変更するという手続きになります。

新たにキャッシング枠を設定する場合、キャッシングの限度額を増額する場合は審査が必須ですが、0円を含めても減額するときは審査不要です。そのため、利用する機会のないキャッシング枠はなくしてしまっても良いでしょう。

ただし、一度0円にしたキャッシング枠を再度増額するには、また審査を受ける必要があるので注意してください。

【まとめ】クレジットカードでキャッシング!借り過ぎには注意して計画的に利用しよう

クレジットカードはキャッシング枠を設定しておくことで、その限度額の範囲内なら自由に借り入れできます。

ATMで直接現金を引き出すだけでなく、クレジットカード利用料金の引落口座にお金を振り込んでもらうことも可能です。

ただし、キャッシング枠を設定するためには、カード発行とは別に審査があります。学生、主婦の方などは利用条件を満たせず、クレジットカード自体は発行できても、キャッシング枠は付かないケースもあるでしょう。

キャッシング審査には本人の安定収入が必要で、年齢制限などもあります。はじめてキャッシング機能をクレジットカードに付ける方は特によく確認するようにしてください。

また、キャッシングのサービスは非常に便利ですが、「お金を借りていて、利息も含めて返済する必要がある」ということを忘れてはいけません。

リボ払いでの返済を選択すると、月々の支払いが一定額で負担は小さいです。だからといって、借入残高がある状態でどんどんキャッシングしてしまうと、いつの間にか借り過ぎてしまうでしょう。

クレジットカードで買い物するとき以上に、計画的にキャッシングは利用するようにしてください。