レイク審査の内容

レイクは、審査結果のお知らせ時間内の申し込みであれば、最短15秒で結果が表示されます。

インターネット申し込みの場合、8:10~21:50(第3日曜日は8:10~19:00)が審査結果のお知らせ時間となっており、パソコンやスマホの申込完了画面でそのまま結果も確認できるのです。

ここまで審査が早いと「審査が甘いのかな?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

実は、レイクの審査難易度はむしろ厳しめだといえます。

ただし、申込条件を満たしていて、信用情報に問題がない方であれば大きな心配はいらないでしょう。

この記事では、レイクの審査で見られるポイントや申込条件、審査の流れについて説明していきます。

また、レイクの審査通過率、審査に落ちてしまう原因についてもまとめているので、ぜひ申し込みの参考にしてください。

レイクの審査で見られるポイントと申込条件

レイクの審査で見られるのは、借りたお金をしっかりと返す能力を持っているのかどうかです。

そのため、本当に仕事に就いているのか、年収はどのくらいか、他の会社で借り入れしているのかなどを申込内容をもとにチェックします。

就業状況や年収などは審査項目の中でも特に重要なので、勤め先に電話をかける在籍確認、審査内容によっては提出された収入証明書の確認も実施されるのです。

加えて、過去にローンやクレジットカードなどの支払いでトラブルがなかったかも信用情報で確認されます。

もしも信用情報で返済トラブルが確認されたなら、レイクからは信用されず融資を受けられないでしょう。

実際の審査結果は申し込みをしてみないと分からないものの、申し込みの前に自分でチェックしておきたいのが申込条件です。

詳細な審査基準については非公開ですが、最低限満たしておくべき条件は分かっているので、まずは以下の申込条件をチェックしてください。

レイクの審査申込条件

  • 満20歳以上、70歳以下の方
  • 安定した収入のある方

申込条件となっているのは年齢と収入の2点です。年齢は自分でチェックできますが、収入はただあるだけでなく、「安定した」というのがポイントになります。

安定した収入なのかはレイクが判断することになりますが、申し込みの時点で職に就いていない方、短期雇用の方などは条件を満たせません。

ただ、レイクへの申し込みは正社員以外でも可能です。

例えば、パート・アルバイトといった非正規雇用の方、自分自身で事業を行なっている自営業者の方も融資対象になります。

カードローンの審査に通過するなら安定した仕事に就くこと

就業形態によって注意すべきことがあるので、それぞれの場合の注意点を見ていきましょう。

パート・アルバイトがレイクの審査を受けるときの注意点

消費者金融の申込者の中にはパート・アルバイト勤務の方も多いと思います。

安定した収入といえるのか不安に感じるかもしれませんが、レイクの公式サイトの「よくあるご質問」の中でパート・アルバイト勤務の方でも申し込める旨が明記されているので安心してください。

特に勤め先の保険(社会保険)に加入している方であれば、大きな心配は不要でしょう。

一方、シフト数によって月収が変動するため、その点は正社員と比べて審査で不利です。

月収や年収がどのくらいだと審査に通過できるという明確な基準はありませんが、最低でも100万円程度の年収がなければ審査通過は難しくなります。

派遣社員がレイクの審査を受けるときの注意点

派遣社員もレイクの融資対象になりますが、派遣会社に登録しているというだけでなく、今現在派遣されていて収入を得ている必要があります。

登録したばかりで派遣前の方、ちょうど派遣先との契約が終了して次の派遣が決まっていない方、派遣されているものの数ヶ月などの短期契約の方などは条件を満たせません。

また、パート・アルバイトと同様に派遣日数が少なく、収入も少ない場合には審査通過が難しいです。

自営業者がレイクの審査を受けるときの注意点

会社で働いている方は給与所得者になりますが、自営業者の方は事業所得者という扱いになります。

自営業者の場合、仕事をしているからといって安定した収入があるとは限りません。そのため、会社で働いている人と比べて収入が不安定だと見なされやすくなるのです。

もちろん、審査によって収入が安定していると判断されれば融資を受けられます。

ただ、自営業者だと借入希望額に関係なく収入証明書の提出を求められるケースもあるので注意してください。

確定申告書などの収入証明書を提出できることに加えて、年収、業歴なども審査のポイントになります。

レイクの審査が不安なら「お借入れ診断」がおすすめ

レイクの審査に通るかどうか不安という方におすすめしたいのが「お借入れ診断」です。

お借入れ診断はレイクの公式サイトで利用でき、以下の4項目を入力するだけで審査通過の見込みをすぐに判定してくれます。

お借入れ診断の入力項目

  • 生年月日
  • 年収(税込み)
  • 他社借入件数
  • 他社借入金額

審査通過の見込みがある場合、「ご融資できる可能性がございます。」と表示され、診断結果の画面から申し込みフォームへ進むことも可能です。

お借入れ診断は、あくまでも簡易的な診断なので実際の審査結果と異なる場合もあります。

しかし、「ご入力いただいた情報ではお借入れ可能か判断できませんでした。」と表示された場合には、申し込みをしても審査には通らない可能性が高いでしょう。

また、融資対象の年齢から外れていたり、無収入だったりすると診断自体が行えないようになっています。

申込条件を満たしているのかを確認するのにも役立つので、ぜひお借入れ診断をしてから申し込みをするようにしてください。

お借入れ診断について詳しくチェック

レイクの審査時間と審査結果が出るまでの流れ

ここからはレイクの審査の流れについて確認していきましょう。

レイクは即日融資にも対応しており、かなりスピーディに審査結果を確認できます。
ただ、審査状況や申し込みの時間帯によっては審査に時間がかかることもあるので注意してください。

レイクの審査は土曜日や日曜日、祝日でも最短15秒で結果をお知らせ

まず、レイクは土曜日や日曜日、祝日でも申し込み後、最短15秒で審査結果を確認できます。

レイクの審査は曜日に関わらず最短15秒審査

記事の冒頭でも説明しましたが、審査結果のお知らせ時間内にネット申し込みをした場合には、申込完了画面でそのまま審査結果が分かるのです。

他の消費者金融では最短30分審査としているカードローンが多いので、急いでいる方にとってレイクはとても便利でしょう。

申込方法別の審査結果のお知らせ時間

審査結果を最短15秒で確認できるのは、審査結果のお知らせ時間内に申し込みをした場合です。

審査結果のお知らせ時間内は、申込方法によって異なります。

申込方法別の審査結果のお知らせ時間

申込方法 通常時間帯 毎月第3日曜日
インターネット 8:10~21:50 8:10~19:00
自動契約機 9:00~22:00 9:00~19:00
電話 9:00~21:00 9:00~19:00

共通で注意したいのが毎月第3日曜日は、審査結果のお知らせ時間が19時までになることです。月に1回のことですが、この日に申し込みをする方は注意してください。

上記の時間帯に申し込みをすれば、インターネットや自動契約機の場合には申込完了画面に審査結果がすぐに表示されます。

一方、電話なら審査に必要な項目を口頭で回答した後、担当者から直接、審査結果を伝えられます。

ただし、すぐに審査結果を回答できないケースもあるので覚えておきましょう。その場合には一度電話が切られ、後でかけ直されることになります。

日曜日にレイクで借りる方法を詳しく

お知らせ時間外は翌営業日以降にメールで審査結果を確認

審査結果のお知らせ時間外に申し込みをした方は、翌営業日以降にメールで結果が通知されます。

申込方法や審査状況によっては、メールではなく電話がかかってくることもあるので、レクALSAから連絡が来るのを待ちましょう。

もしくは、レイク公式サイトの「審査状況のご確認」ページへアクセスしても審査の進捗状況を確認できます。

申し込み時に入力した「名前(フリガナ)」「生年月日」「電話番号」の3つを入力して、「確認する」ボタンを押せば現在の審査状況を見ることが可能です。

申し込みの翌日になっても連絡が来ないという方は、この方法で確認してみてください。

もしこの方法でも確認ができないなら、レイクのフリーダイヤルで問い合わせをしてみても良いでしょう。

最短15秒で完了するのは「仮審査」なので注意

最短15秒で審査が完了すると聞くと「本当に審査しているの?」と思うかもしれませんが、この審査スピードには理由があります。

実は、最短15秒で完了するのは「仮審査」であり、この後の「本審査」をクリアして、はじめてレイクと契約ができるのです。

基本的に仮審査は申込内容などをもとにコンピューターが融資の可否を判定しています。そのため、最短15秒というスピードで結果を出すことができるのです。

正式に契約が完了するのは、本人確認書類や収入証明書、勤め先などをレイクの審査担当者が確認してからになるため、早くても1時間くらいを見ておいた方が良いでしょう。

レイクのカードローン審査で必要な書類と提出方法

レイクの本審査では本人確認書類や収入証明書などが必要です。

本審査に通過して正式に契約をするためには書類提出が必要なので、お急ぎの方は書類の提出もスピーディに行いましょう。

仮審査に通過しただけでは融資を受けられないため、即日融資を希望する方は特に注意してください。

書類の提出は、レイクの自動契約機を利用する方は指示された書類を持参し、Web契約をする方はメール、またはアプリ経由で行えます。

提出した書類に不備があると再提出になり時間をロスしてしまったり、場合によっては審査に落ちてしまったりする可能性もあるのです。

レイクの審査で必要な書類を提出時の注意点とあわせて説明していきます。

レイクの審査で必要な本人確認書類

レイクでは以下の本人確認書類を利用できます。
どの本人確認書類を提出する場合でも、氏名、生年月日、住所の3つの記載は共通で必要です。

レイクの本人確認書類

本人確認書類 提出する際の注意事項
運転免許証 変更事項が記載されているかに関係なく、Web、または郵送で提出する場合には表面と裏面の両方が必要です。
健康保険証 カード型の保険証で裏面に住所が記載されている場合には、両面の提出が必要です。
住所が未記入の方は、先に現住所を記入してください。
紙型の保険証で被扶養者の方は、本人の情報が記載されているページも必要になります。
記号・番号や保険者番号部分、QRコードは見えないように加工してから提出してください。
※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。
パスポート 顔写真ページ、および氏名、住所が記載された所持人記入欄ページが必要です。
氏名変更がある方は、新しい氏名が記載されている追記ページも提出してください。
マイナンバーカード 表面だけを提出します。
個人番号が記載されている裏面は提出不要です。
また、顔写真のない「通知カード」は本人確認書類としては利用できません。
在留カード 外国籍の方の本人確認書類です。
表面、裏面の両面を提出してください。
特別永住者証明書

また、提出する本人確認書類に記載されているのが現住所でない方、自動契約機で健康保険証を提出する方は、以下の現住所が分かる書類もあわせて用意してください。

現住所を確認できる書類

  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・NTTの固定電話・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

※ 発行日から6ヶ月以内の原本が必要です。

レイクでは様々な本人確認書類を利用できますが、運転免許証の提出が推奨されています。
そのため、健康保険証やパスポートなどは、運転免許を持っていない方向けの本人確認書類だと考えてください。

レイクで収入証明書が必要になる時

レイクで収入証明書が必要なのは、以下のいずれかに該当する方です。

収入証明書が必要なケース

  1. レイクの利用限度額が50万円を超える場合
  2. レイクの利用限度額と他社借入の総額が100万円を超える場合※
  3. 前回提出した収入証明書の発行日から3年以上が経過している場合

※他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します。

レイクと初回契約の方は①と②、他社借入がないという方なら①だけをチェックしておけば大丈夫です。

ただし、レイクの判断次第で上記に該当しなくても収入証明書が必要になるケースもあるので覚えておきましょう。

レイクの収入証明書

収入証明書 提出する際の注意事項
源泉徴収票 前年度分の源泉徴収票を提出してください。
ただし、「公的年金等の源泉徴収票」、「退職所得の源泉徴収票」は利用できません。
確定申告書 前年度分の確定申告書で、税務署の受付印、または電子申告の受付日時の記載が必要です。
また、確定申告書の「所得金額」が年収額となります。
給与明細書 直近2ヶ月分の給与明細書、および賞与の支給があった方は前年度分の賞与明細書もあわせて提出してください。
給与明細書には、①発行年月、②本人の氏名、③勤め先の名称、④総支給額の4点が記載されていることが必須です。
また、手書きの給与明細書の場合、社印、または社判も必要になります。
住民税決定通知書
納税通知書
前年度分の住民税決定通知書、または納税通知書を提出しましょう。
納税通知書には、課税明細書の記載も必要です。
2枚1組になっている場合には、両方を提出してください。
所得(課税)証明書 前年度分の所得(課税)証明書を用意してください。
所得(課税)証明書は、市区町村役場で入手できます。

会社員の方は源泉徴収票、自営業者の方は確定申告書であれば用意しやすいでしょう。

提出が必要になったらすぐに提出できるように、あらかじめ準備しておくことをおすすめします。

レイクの審査通過率は低い?大手消費者金融3社と比較

記事の冒頭でレイクの審査は厳しめであるといいましたが、そのことは審査通過率(成約率)から分かります。

レイクでは新規申込者のうち、どのくらいの割合が契約に至っているのかというデータを公開しています。

この審査通過率は、他の大手消費者金融でも公開されているため、審査難易度を比較することができるのです。

大手消費者金融の審査通過率

消費者金融 審査通過率
プロミス 45.2%
アイフル 45.2%
アコム 44.0%
レイク 29.8%

※ 各社が公開しているIR情報をもとに、2018年4月~2019年3月までの平均値を算出しています。

他の3社と比較して、レイクの審査通過率は10%以上も低くなっています。

レイクの新規申込者のうち、契約できているのは約3分の1なので、審査に自信がない方は他社に申し込んでも良いかもしれません。

審査結果は最短15秒で表示されますが、少なくても申込条件のチェックとお借入れ診断をしてみてから申し込みましょう。

次の章ではレイクの審査に落ちてしまう原因について紹介していくので、申し込みの前にそれらもぜひ確認してください。

レイクの審査に落ちる原因とは?

レイクの審査に通過するための最低限の条件をクリアしているかは、お借入れ診断をすれば分かります。

ただ、実際の審査ではお借入れ診断で入力する4項目よりも多くの情報が利用されます。

そのため、診断では「ご融資できる可能性がございます。」と表示されても、実際に申し込みをしたら否決されてしまったというケースもあるのです。

ここでは申込条件、お借入れ診断だけでは分からない審査に落ちる原因について説明していきます。

以下のいずれかに該当する場合には、申し込みをしても審査に通過しにくいので注意してください。

レイクの審査に落ちる原因

  • 収入の安定性に欠ける
  • 年収に対して他社借入の金額が大きすぎる
  • 過去にローンやクレジットカードを延滞している
  • 勤め先の確認(在籍確認)が取れない
  • 一度に複数のカードローンに申し込みをしている

収入の安定性に欠ける

レイクの申込条件にもなっている収入の安定性は審査結果に大きく影響します。

収入の安定性を自分自身で判断することは難しいですが、安定しているかどうかは収入の額以外にも雇用形態や勤続年数といった複数の項目から判断されます。

繰り返しになりますが、非正規雇用者や自営業者よりも、正社員や公務員の方が、収入の安定性が高いといえるでしょう。

また、今年働き始めたばかりの人よりも、勤続年数が長い人の方が、生活が安定していると見なされる傾向にあります。

どれか1つの項目だけで審査結果が決まるわけではありませんが、例えばアルバイトを今月始めたばかりというような方だと収入が安定していないと判断される可能性が高いです。

年収に対して他社借入の金額が大きすぎる

お借入れ診断では他社借入の件数や金額も入力するので、他社借入の審査結果への影響をある程度は自分自身でチェックすることも可能です。

加えて、他社借入金額については確実に審査に通らない基準額が存在しています。

レイクは貸金業法という法律の対象で、消費者への過剰融資を防止するための総量規制というルールによって貸し付けできる額に規制があるのです。

総量規制では、他社借入も含めて、年収の3分の1までが法的な上限とされています。

総量規制とは他社借入を含め年収1/3までしか借入できないこと

そのため、すでに他の貸金業者から年収の3分の1、またはそれに近い額を借りているならレイクの審査に通過することはありません。

また、年収の3分の1までというのは法律の上限なので、それ以下であれば絶対に契約できるということでもないです。

金額や件数に関係なく他社借入があれば審査ではマイナスになるので、覚えておきましょう。

ちなみに、申し込み時に他社借入を申告しますが、正確な借入件数や借入残高は信用情報でも確認されます。

ごまかして審査に通過するということはできないので、正直に申告してください。

過去にローンの返済やクレジットカードの支払いを延滞している

信用情報には過去のローンやクレジットカードの利用状況が載っています。
その中には、延滞に関する情報も含まれており、2ヶ月~3ヶ月以上の長期延滞の場合には5年間はその記録が残ることになるのです。

信用情報に傷がついているとレイクの審査に通らなくなる

審査結果の判断はレイクに委ねられますが、信用情報に延滞の記録が載っている人にお金を貸すのはリスクがあると判断される可能性が高いでしょう。

過去に返済トラブルがなければ関係のないことですが、うっかり返済日を過ぎてしまったというケースでも審査への影響はあるので注意してください。

勤め先の確認(在籍確認)が取れない

レイクの本審査では、就業状況を確認するために勤め先へ電話をかけます。これを在籍確認といい、申告した職場で本当に働いているのかをチェックする重要な審査の1つです。

そのため、在籍確認が取れない場合には仮審査に通過していても、本審査で否決されてしまいます。

正社員やアルバイト・パート勤務の方なら大きな問題はないでしょうが、派遣社員の方は注意してください。

派遣社員の在籍確認は派遣元に行うのが基本ですが、派遣会社にはたくさんの人が登録しているため在籍確認が取りにくいケースもあるのです。

レイクから勤め先への電話は、プライバシーに配慮して担当者の個人名でかけられ、本人以外には用件を伝えません。
だから、在籍確認でカードローンの申し込みが職場に知られるということはないものの、何か心配な点があるならレイクのフリーダイヤルで相談してみると良いでしょう。

一度に複数のカードローンに申し込みをしている

カードローンの利用経験がない方、他社で否決されてしまった方は審査が不安だと思いますが、だからといって、一度に複数の会社に申し込みをしてはいけません。

信用情報には申込記録も残り、短期間に複数のカードローンに申し込みをしているとお金に困っている印象を持たれ、審査で不利になることがあるのです。

このような状態を「申し込みブラック」といいます。

複数のカードローンに一度に申し込むことは、むしろ審査通過率を下げてしまうので注意してください。

申込記録は信用情報機関に6ヶ月残ります。すでに何社もの審査に落ちている方は、最後の申し込みから6ヶ月を空けるようにしましょう。

レイクの審査に落ちたなら他社でもお金を借りられない?

審査通過率を見れば、申込者のおよそ3分の2が審査に落ちてしまっていることが分かります。

そのため、レイクのカードローンを利用したくても、契約できないかもしれないということは覚悟した方が良いでしょう。

しかし、カードローンの審査基準は会社によって異なります。
先ほど説明したように、短期間で何社へも申し込むのは避けるべきですが、別のカードローン会社であれば融資を受けられるという可能性は十分にあるのです。

ただし、レイクの審査に落ちてしまったなら、次の申し込み先はより慎重に検討してください。

まず、銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあります。

そこで、次に申し込みをする場合もレイクと同じ消費者金融の中からカードローンを選んだ方が良いでしょう。

有力な候補になるのは、レイク以外で審査通過率を公開しているプロミス、アコム、アイフルの3社です。レイクよりも審査通過率が良好で、およそ2人に1人が契約に至っています。

最初にその3社を検討してみて、どうしてもダメそうな方はより規模の小さな中小消費者金融も考えてみてください。

【まとめ】レイクの審査は最短15秒!ただし、消費者金融の中では審査が厳しめ

レイクは、審査結果のお知らせ時間内の申し込みなら、すぐに審査結果を確認できます。

これは、審査がスピーディといわれる消費者金融の中でもかなり早い部類です。

ただし、審査が早くても、審査基準が甘いわけではありません。むしろ、レイクの審査通過率を見れば、審査は厳しめだといって良いでしょう。

そのため、申し込みの前にお借入れ診断を利用するようにしてください。あくまでも簡易的な診断ですが、最低限の条件をクリアしているかだけならすぐに分かります。

また、年収や雇用形態、他社借入などから審査に通る自信がないという方は、他の大手消費者金融を候補にしても良いと思います。

審査に落ちてしまうと申し込みから6ヶ月間は信用情報にその記録が残るので、他のカードローンをすぐに申し込むということがしにくくなります。

1社だけの審査落ちであれば大きな影響はないでしょうが、自信がないなら最初からプロミスやアコムといった別の消費者金融へ申し込むという選択肢もあるのです。

レイクの借入の流れについて
レイクの返済方法を詳しくチェック
レイクの口コミや評判をチェック
レイクの増額審査に申し込む方法
レイクおまとめローンのメリット